電力自由化ってなに?

2016年4月から開始された電力自由化の仕組みやメリット&デメリット、そして気になる、電力会社を選ぶポイントや切替方法など、電力自由化のことをわかりやすくお伝えします。

第一章:電力の自由化とは

電力の自由化とは、電力の「小売」が完全に自由化されるということ。これまでは、地域の大手電力会社としか契約できませんでしたが、2016年4月からは、新規参入する電力会社(新電力事業者)とも自由に契約することができるようになります。 つまり、独占状態にあった電気事業も、今後は市場の競争によって、各社が提供するサービスの充実、電気料金の値下げなど、消費者にとって恩恵を受ける内容が期待できるようになります。

第二章:電力の自由化で何が変わるか

電力の自由化によって変わること、それはライフスタイルに合わせて、電力を自由に選べるということではないでしょうか。これまでは、東京電力など地域の大手電力会社のサービスやプランしか選べませんでしたが、電力の自由化により新規の企業(新電力事業者)が参入することで、料金プランなどの各種サービスが多様化します。例えば、通信事業を手がけるauの「auでんきセット割」や、東京ガスの「ずっともプラン」のように、通信やガスなどといった本来のサービスに電力を合わせることによって、基本料金の割引など、お得に利用できるプランが登場します。 このように、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができるため、電力の自由化はこれまで以上の節約効果が期待できるようになるでしょう。

第三章:電力会社を選ぶポイント

電力の自由化とは、電力の「小売」が完全に自由化されるということ。これまでは、地域の大手電力会社としか契約できませんでしたが、2016年4月からは、新規参入する電力会社(新電力事業者)とも自由に契約することができるようになります。 つまり、独占状態にあった電気事業も、今後は市場の競争によって、各社が提供するサービスの充実、電気料金の値下げなど、消費者にとって恩恵を受ける内容が期待できるようになります。

第四章:電気料金の計算方法

月々の電気料金の計算には、契約アンペア(A)制や最低使用料金制などの契約の違いや、利用した電力使用量料金のほかにも、さまざまな項目が追加されているのです。例えば、原油や石炭などの火力燃料の価格に応じて課金されている料金、太陽光や風力などの再生可能エネルギー発電の費用を消費者が負担する料金などが、毎月の電気料金の請求額に含まれています。

第五章:乗り換えにかかる費用や支払い方法

電力の自由化で、これまでの電力会社から新電力事業者に乗り換えた場合、かかる費用や支払い方法などに違いがでてきます。費用については、従来の電気メーターからスマートメーターへ交換する必要があるため、新たにそれが発生する場合もありますし、支払い方法についても、これまでのクレジットや口座振替のほかに、電気料金と各社サービスの支払いを合わせた「合算支払い」という便利な方法が生まれます。 また、電力が自由化になったことで、支払いに関して懸念されることもあるのです。

第六章:電力会社の切り替え方法

電力の自由化によって、自由に選択できるようになった電力会社(新電力事業者)。その切り替え方法は、4つのステップで行うことができます。流れとしては、切り替え先の電力会社を選ぶ→電力会社へ申し込む→スマートメーターの交換→契約開始となります。 また、切り替えをスムーズに行うためにも、これまで利用していた電力会社や通信会社などの利用データ・お客様情報といった書類も必要になることがありますので、事前に用意しておくと良いでしょう。

第七章:自由化によってできてしまうトラブル

電力が自由化することによって、考えられるトラブルの中には、悪質商法によるもの、災害によるものなどがあります。なかでも、悪質商法によるものは、すでに国民消費者センターに苦情が寄せられており、内容も、太陽光発電システムに絡めた勧誘や新規参入の電力会社から長時間勧誘されたなどという事例があります。

シミュレーション
ページトップ