電力自由化ってなに?

第一章:電力の自由化とは

電力の自由化とは

電力の自由化とは、電力の「小売」が完全に自由化されるということ。
これまでは、地域の大手電力会社としか契約できませんでしたが、2016年4月からは、新規参入する電力会社(新電力事業者)とも自由に契約することができるようになります。
つまり、独占状態にあった電気事業も、今後は市場の競争によって、各社が提供するサービスの充実、電気料金の値下げなど、消費者にとって恩恵を受ける内容が期待できるようになります。

電力自由化、90年代からの長い歴史

電力自由化、90年代からの長い歴史

そもそも電力の自由化は歴史が長く、始まりも90年代から。
1995年に改正された電気事業法では、電力を供給する事業に、独立系発電事業者(IPS)の参入が可能となりました。これによって地域の電力会社は、自社だけではなくこれら事業者から電気を購入することができるようになり、消費者へと電力を提供できるようになったのです。
そして、1999年。この年に改正された電気事業法では、特定規模電気事業者(PPS)の参入が可能になったことにより、「小売」の範囲が拡大。規制料金も撤廃され、高層ビルや工場などへの大規模な消費者への売電(小売)が自由化されます。続く2003年では、中小規模の工場やビルなど、中規模な消費者への売電(小売)が自由化。このとき、日本の販売電力量の約6割が、その対象となりました。

電力自由化以前の状況

電力自由化以前の状況

ちなみに、電力が自由化される以前の、電力が消費者へ届くまでの流れは、発電→送配電→売電(小売)→消費者と、地域の電力会社がこれらすべてを独占していました。
しかし、電力の自由化に伴い、上記の発電には独立系発電事業者(IPS)が、売電(小売)には新規参入する電力会社(新電力事業者)が、それぞれに参入。発電と売電(小売)の範囲で自由化がなされたのです。
このような経緯をたどって、2016年の4月。一般家庭などの小規模な消費者に向けての売電(小売)ができるようになり、電力の自由化が完成しました。

  • はてブ
シミュレーション
ページトップ