電力自由化に関するよくある質問

Q. スマートメーターとは何ですか?お金がかかるものなのでしょうか?

A. 従来アナログ式の計測器を月に1回検針員が訪問して電気使用量を計測していたものを、デジタル式に切り替えようという方針が国の政策で示されています。このデジタル式の計測器を「スマートメーター」と呼び、2016年までに一般家庭の8割に普及させることを目標としています。また、新電力会社への切り替えをする際には必ずこのメーターに変更されることになります。
このスマートメーターによって30分毎の電気使用量を遠隔で把握できるので、人件費の大幅な削減が見込まれています。利用者の料金還元などが期待できるほか、電力会社が時間帯ごとの細かな使用量を把握できるために利用者に得な料金プランを提示できるというメリットがあります。スマートメーターへの切り替えに利用者がお金を負担することはありません。

その他のよくある質問

シミュレーション
ページトップ