モデルケース別電気料金 大家族世帯の場合

概要

三世代世帯の方など大家族のご家庭向けに、オススメの電気料金プランと電力会社・プランを比較する上でのポイントをまとめています。5〜7人などの大家族となると、電気代も月に数万円となかなか重荷になっているのではないでしょうか。しかし、そのようなご家庭にこそ、電気料金プランの切り替えは有効です!プランを切り替えるだけで、月々数千円、年で数万円と多額な節約になるケースも多く見られます。ご自身にピッタリな電気料金プランを探して光熱費を浮かせてしまいましょう。

お住まいの地域で大家族(6人暮らし)世帯にオススメのプランをチェック!

条件を設定してシミュレーションする

※必須項目が選択されていません

郵便番号
(数字半角)
- 郵便番号が分からない方はこちら ご入力の番号に該当する地域がありません。
使用電力会社
契約プラン
契約容量
世帯人数

月間電気使用料金
月間電気使用量
kWh
電気利用状況 平日

電気利用状況 休日

現在ご利用中の各種サービスを選択すると
該当企業のセット割引を適用した金額でシミュレーションが可能です。

※こちらの項目へのご入力は任意です。

point_image インターネット
point_image 携帯電話
point_image ガス
point_image ガソリン・灯油
その他設備・機器

大家族(6人暮らし)世帯の方が電気料金プランを選ぶときのポイント

まずは電気料金自体が安くなるプランに注目

大家族世帯の方は、月々の電気料金が数万円にのぼってしまうというケースも多いのではないでしょうか。ただ、視点を変えてみると、電力の使用量が多い分、電気料金の安いプランに切り替えたときの節約額も大きくなります。

たとえば、関東エリアで350kWh以上使った場合の1kWhあたりの単価で比較してみると、東京電力の従量電灯Bでは30.02円ですが、東京ガスでは25.93円、Looopでんきでは26円、洸陽電機では27.21円(それぞれ2016年7月時点)となっています。単純計算で、東京ガスの場合には電気料金が14%節約できます。このように、プラン毎の電気料金の違いに着目して、お得なプランを探してみましょう。

家族で使えるサービスや割引に着目してみる

各電力会社のサービスは、電力供給にとどまらず様々です。たとえば、東京ガスソフトバンクでんきでは、水まわりやカギ、ガラス等ご家庭でのトラブル時に、無料で駆けつけてくれるサービスを提供しています。さらに、東京ガスではクックパッドのプレミアムサービスである「人気順検索」等が使えるというメリットもあります。また、よく週末にドライブで遠出をされるご家庭の方には、昭和シェル石油ENEOSでんきなどガソリン代が割安になるプランもよいかもしれません。このように、大家族世帯の方に役立つサービスは多種多様にあります。ぜひ電気料金プランを選ぶ際の1つの基準にしてみてください。

その他の特徴から選ぶ

モデルケースから選ぶ

家族構成によって電気の使い方や料金プランは様々です。モデルケースを参考に見てみましょう。

プランの特徴から選ぶ

各電力会社の電気料金プランを代表的な特徴でまとめました。気になる特徴をチェックしてみましょう。

シミュレーション
ページトップ