モデルケース別電気料金 単身世帯の場合

概要

単身世帯の方にオススメのプランと単身世帯の方が電力会社・電気料金プランを比較する上でのポイントをまとめています。電力自由化が開始され、様々な電気料金プランが発表される中で、電気の使用量が一般的に少なめとなっている単身の世帯にとっては、あまりメリットがないのでは?という声もあります。しかし、実際には、そのような方にとってもお得なプランはもちろんあります。下記からお住まいの地域を選択して、おすすめプランをチェックしてみてください!

お住まいの地域で単身世帯にオススメのプランをチェック!

条件を設定してシミュレーションする

※必須項目が選択されていません

郵便番号
(数字半角)
- 郵便番号が分からない方はこちら ご入力の番号に該当する地域がありません。
使用電力会社
契約プラン
契約容量
世帯人数

月間電気使用料金
月間電気使用量
kWh
電気利用状況 平日

電気利用状況 休日

現在ご利用中の各種サービスを選択すると
該当企業のセット割引を適用した金額でシミュレーションが可能です。

※こちらの項目へのご入力は任意です。

point_image インターネット
point_image 携帯電話
point_image ガス
point_image ガソリン・灯油
その他設備・機器

単身(1人暮らし)世帯の方が電気料金プランを選ぶときのポイント

単身世帯の方が電気料金プランを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

基本料金に注目してみる

各電力会社の電気料金は、「基本料金」と「従量料金」によって決まるケースがほとんどです。基本料金は契約アンペア数によって決まる固定費であり、従量料金は実際に使用した電力量によって上下する変動費です。単身世帯であまり電気を多く使わない場合、固定費である基本料金を節約することで、大きく電気料金を安くできるかもしれません。

たとえば、Looopでんきでは、「基本料金が0円」の電気料金プランを展開しています。これは今までの常識を覆すプランです。複雑なプランが多くある中、「使った分だけ支払う」という分かりやすさも利用者にとっては嬉しいところですね。

家族向けのプランには注意

お子さんのいる家庭や大家族向けにお得になる電気料金プランが数多くあります。そのようなプランには一般には「安くなる!」という謳い文句で宣伝されるのですが、単身世帯の方にとっては逆に高くなってしまうケースもあります。ご自分のケースではどうなるのかをしっかりと確認するといいでしょう。

セット割に注目してみる

各電力会社は、他の何らかのサービスとのセット割引「セット割」による電気料金割引サービスを打ち出しています。その中では、使用電気量によるものもあれば、固定で一定金額分が安くなるものもあります。たとえば、東京ガスの「ガス・電気セット割」では270円/月の割引になったり、ソフトバンクでんきの「おうち割でんきセット」では200-300円/月になったりと、きちんと一定金額安くなります。単身世帯の平均電気代は約3200円/月なので、上記の場合では、約10%電気料金が節約できることになります。元々の電気料金が少ない分、節約割合でみると全体へのインパクトが大きいですね。

その他の特徴から選ぶ

モデルケースから選ぶ

家族構成によって電気の使い方や料金プランは様々です。モデルケースを参考に見てみましょう。

プランの特徴から選ぶ

各電力会社の電気料金プランを代表的な特徴でまとめました。気になる特徴をチェックしてみましょう。

シミュレーション
ページトップ