モデルケース別電気料金 夫婦と子供1人(3人暮らし)世帯の場合

概要

ご夫婦でお子さんが1人いるような3人家族の方向けに、オススメの電気料金プランと電力会社・プランを比較する上でのポイントをまとめています。各電気料金プランをみると、3 〜4人のファミリー向けに作られているプランも数多くあります。ぜひご自身の家族構成やライフスタイルに合った電気料金を探してみてください。

お住まいの地域で夫婦と子供1人(3人暮らし)世帯にオススメのプランをチェック!

条件を設定してシミュレーションする

※必須項目が選択されていません

郵便番号
(数字半角)
- 郵便番号が分からない方はこちら ご入力の番号に該当する地域がありません。
使用電力会社
契約プラン
契約容量
世帯人数

月間電気使用料金
月間電気使用量
kWh
電気利用状況 平日

電気利用状況 休日

現在ご利用中の各種サービスを選択すると
該当企業のセット割引を適用した金額でシミュレーションが可能です。

※こちらの項目へのご入力は任意です。

point_image インターネット
point_image 携帯電話
point_image ガス
point_image ガソリン・灯油
その他設備・機器

夫婦と子供1人(3人暮らし)世帯の方が電気料金プランを選ぶときのポイント

ファミリー向けプランを見てみる

各電力会社の中には、ファミリー向けあるいは3〜4人世帯の方向けのプランを展開しているところもあります。たとえば、東京電力エナジーパートナーの「プレミアムプラン」や、ソフトバンクでんきの「バリュープラン」はその一例です。東京電力のプレミアムプランでは、電気関連のトラブル時に電話一本で無料で駆けつけてくれる出張サービスがついているなど、嬉しい付帯サービスにも注目です。

従量料金(使用電気量に応じて決まる料金)に注目してみる

3人世帯の場合、総務省統計局の2015年のデータによると、月ごとの電気代は平均で11,296円です。その際の使用電力量はおおよそ400kWhほどとなります。この数字を見てもピンとは来ない方もいらっしゃると思いますが、400kWhは多くの電気料金プランにおいて、最も高い単価が適用される水準です。たとえば、東京電力の従量電灯Bの場合でいうと、最初の120kWhまでは19.52円/kWh、121kWh〜300kWhでは26.00円/kWh、301kWh以降は30.02円/kWhというように、使用電力量が多くなるにつれて1kWhあたりの単価が高くなっています。この場合、400kWhの電気を使った場合、最後の100kWhの単価は30.02円/kWhと高い水準になっています。

各電気料金プランでは、上記の東京電力の従量電灯Bのように、段階的に単価を定めているケースが多いですが、一方で、段階制ではなく固定単価で定めているケースもあります。たとえば、Looopでんきは一律で26円/1kWh(関西は25円/1kWh)としています。使用電力量が増えてくると、300kWh以降の単価が全体の電気料金に及ぼす影響も増えてきます。料金表を見る際に、1つの基準として、従量料金は電気をある程度多く使った場合にいくらになるのかを確認してみるとよいでしょう。

その他の特徴から選ぶ

モデルケースから選ぶ

家族構成によって電気の使い方や料金プランは様々です。モデルケースを参考に見てみましょう。

プランの特徴から選ぶ

各電力会社の電気料金プランを代表的な特徴でまとめました。気になる特徴をチェックしてみましょう。

シミュレーション
ページトップ