沖縄県

電気料金プラン比較シミュレーション

沖縄県では電力事業者1
3プランから比較できます

-
ご入力の番号に該当する地域がありません 郵便番号が分からない方はこちら

沖縄県のおすすめプランを比較

  • 夫婦と子供1人
  • 単身
  • 夫婦のみ
  • 三世帯

年間12,752 (月々の平均電気代1,063円)

おすすめポイント

  • 時間帯で変動
  • 季節で変動
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

年間12,438 (月々の平均電気代1,037円)

おすすめポイント

  • 時間帯で変動
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

ご利用中のプランと同額です (月々の平均電気代0円)

おすすめポイント

  • 一般的な料金計算
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

年間11,734 (月々の平均電気代978円)

おすすめポイント

  • 時間帯で変動
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

ご利用中のプランと同額です (月々の平均電気代0円)

おすすめポイント

  • 一般的な料金計算
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

年間4,960 (月々の平均電気代-413円)

おすすめポイント

  • 時間帯で変動
  • 季節で変動
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

年間7,230 (月々の平均電気代603円)

おすすめポイント

  • 時間帯で変動
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

年間2,652 (月々の平均電気代221円)

おすすめポイント

  • 時間帯で変動
  • 季節で変動
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

ご利用中のプランと同額です (月々の平均電気代0円)

おすすめポイント

  • 一般的な料金計算
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

年間34,478 (月々の平均電気代2,873円)

おすすめポイント

  • 時間帯で変動
  • 季節で変動
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

年間11,575 (月々の平均電気代965円)

おすすめポイント

  • 時間帯で変動
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。

ご利用中のプランと同額です (月々の平均電気代0円)

おすすめポイント

  • 一般的な料金計算
※当サイトから申し込むことができません。
直接お問い合わせくださいませ。
沖縄県のプラン一覧はこちら >

自分のケースでシミュレーションしてみる

※必須項目が選択されていません

郵便番号
(数字半角)
- 郵便番号が分からない方はこちら ご入力の番号に該当する地域がありません。
使用電力会社
契約プラン
契約容量
世帯人数

月間電気使用料金
月間電気使用量
kWh
電気利用状況 平日

電気利用状況 休日

現在ご利用中の各種サービスを選択すると
該当企業のセット割引を適用した金額でシミュレーションが可能です。

※こちらの項目へのご入力は任意です。

point_image インターネット
point_image 携帯電話
point_image ガス
point_image ガソリン・灯油
その他設備・機器

沖縄県で利用できる電力会社一覧

沖縄県の電力事情に関して

沖縄の年間電力消費量と一人当たりの電力消費量

沖縄県内の年間電力消費量は約75億kWh(平成25年)となっています。平成25年12月1日時点の沖縄県の総人口は約142万人になりますので、人口一人当たりの年間電力消費量は約5,319kWhとなります。
また、年間電力消費量のうち家庭で消費された量は、約28億kWh (平成25年)で、平成25年12月1日時点の沖縄県の総世帯数は約55万世帯です。この数値より、一世帯当たりの平均年間電力消費量は5,091kWhと想定されます。

【参考】
経済産業省資源エネルギー庁「都道府県別エネルギー消費統計調査」
沖縄県統計資料WEBサイト「沖縄県の統計人口」

沖縄でのエネルギーへの取り組み

沖縄県では地形的および、他県との電力供給のやり取りが難しいというデメリットがある中で石炭や石油など化石燃料に依存していますが、その依存度を低減し、自給率を向上させるため、「沖縄エネルギービジョン」を平成23年に策定しています。具体的な内容として、再生可能エネルギーの比率を向上させることを挙げています。再生可能エネルギーとは太陽光発電や陸上風力発電など、環境に優しいとされるエネルギーのことです。
沖縄県としては2030年までに離島では電力消費量の100%を、沖縄本島では90%を再生可能エネルギーに転換し、自動車はガソリン車からEV車へ30%転換させていくことを想定しています。また太陽光発電や陸上風力のみならず、沖縄の気候や地形を活かし、太陽熱利用や洋上風力にも注力してくようです。

【参考】
沖縄県庁 沖縄エネルギービジョン・アクションプランより

沖縄県で利用されているエネルギーについて

全国の電力会社で唯一原発を持たず、火力発電でのエネルギー供給が中心となっています。本島では西海岸沿いに5基、東海岸沿いに6基、本当、宮古島、石垣島に中型発電設備が8基、そのほか離島に70基の小型発電設備が設置されています。
コストの安い原発を設置することも検討されていましたが、東日本大震災以降、米軍基地もある中での導入は難しい状況にあります。平成25年からはLNGを利用した火力発電所も営業運転をしており、石油火力、石炭火力に依存せず、燃料の分散にも注力しています。

沖縄の電力の将来的な見解

沖縄電力によると、小売全面自由化に伴い、電力供給の安定化を進め、また平成24年7月から開始された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」をさらに活性化するため、再生可能エネルギー発電設備の導入拡大への取り込みを進めていくようです。
太陽光発電と風力発電を中心に再生可能エネルギーを促進しており、風力発電に関しては、1990年代から急速に設置が始まりました。しかし、沖縄特有の強風及び台風により、風力発電が強風で倒れてしまうという問題が発生し、2003年の宮古島を直撃した台風では、3基が倒壊しました。そのため、2009年より、可倒式風力発電を設置し、強風の際は倒すことで設備を守り、風力発電を行っています。この可倒式が普及し始めたため、沖縄県としてもさらに設置を試みる方針をとっています。

【参考】
電力エネルギーの専門メディア スマートジャパンより

沖縄県の市区町村を選ぶ

ページトップ